入園料・保育料の負担が軽くなります


私立幼稚園に通う園児の保護者の方に対して、入園料・保育料の負担軽減を目的に「就園奨励費」が国・仙台市より受給されます。


対 象
次の3つの条件等に当てはまる方が対象となります。

※保護者・園児とも仙台市に住所を有し(住民登録をしていること)、かつ居所がある(実際に居住している)こと。国籍は問いません。
※平成31年4月1日時点で、3歳~5歳である園児。または満3歳に達し、翌年の4月を待たずに年度途中から入園する園児。
※園児の父母等の平成30年度に課税される市民税所得割額の合計額が下表に定める基準額以下であること。
ただし、平成30年分の所得税から控除しきれなかった住宅借入金等特別税額控除(住宅ローン控除)分について、平成31年度住民税より控除を受けた場合には、住宅ローン控除適用前の市民税所得割額で判定します。


減免される金額
平成30年度減免基準額
下記の区分により年間の減免額が決まります。

※小学3年生以下のお子さんの年齢の高い順に、第1子、第2子、第3子以降として上の表を適用します。(小学4年生以上のお子さんは除きます)戸籍上の第1子、第2子、第3子とは異なる場合があります。

※減免対象額は、入園金、保育料が対象額となりますが、減免上限額は第3子以降の減免額308,000円が上限額となります。(平成30年の場合)

※本園における減免の方法については、入園料・保育料(毎月)を園に支払って頂き、就園奨励費の額(減免額)が確定した後、減免対象額を保護者の方にお返ししています。


申込み手続きの流れ
毎年6月頃に各私立幼稚園から配布される調書(申込書)に必要事項を記入の上、各私立幼稚園に必要書類を提出してください。なお、途中入園した場合は追加受付がありますので、幼稚園からの指示に従ってください。

※申し込み等の時期は、あくまでも予定ですので、日程に変更が生じる場合があります。

※ご不明な点は、お気軽に各幼稚園までお問い合わせください。